• Matrix 初上陸!
    有機キノコのパワー

  • ドライもリキッドも
    いい香りのシャンプー

  • お肉たっぷりジャーキー
    特別な日のご褒美

  • シニア犬の健康に、
    ケガや病のリカバリーも

  • ORGANIC
    PET FOOD

  • マイファミリー
    一緒の時間を重ねる

 

ORGANIC STORY > オーガニック認証について

オーガニック認証について

オーガニック認証とは、認証団体が定める有機基準に基づいて生産・製造されたものであることを、公的な第三者機関が認定するものです。
日本では、農林水産大臣の登録を受けた機関が判定する有機JASがあります。

認定国・認定団体により定める有機基準は異なりますが、どれも厳しい審査基準を通る必要があり、審査は取得時だけではなく、年度毎に不定期で行われるものもあります。

判定基準ですが、食品の生産、加工、流通に関連する全てのプロセスが審査対象となります。
それには、生産(栽培)に使われる肥料や水や土、畜産物の飼育方法(飼料含む)も含まれます。
また、自然や環境に配慮するサスティナブルな観点や、動物福祉(アニマルウェルフェア)への姿勢も重要な判定基準となるのです。
加工食品の場合、成分に占める有機原材料の割合が95%以上であることが前提となっています。

【ORGANIC STORY PETで取り扱っている商品が取得しているオーガニック認証】

認証マーク 名称 認証国 詳細
Euro leaf EU ユーロリーフ(EU産有機農産物マーク)は、EUの有機農業規則に従って生産された農産物であることを証明するマークです。加工製品の場合は、農業成分の95%以上が有機成分であることを意味しています。
Bio ドイツ 2001年に発足した国家認定証で、ドイツ連邦消費者保護・食糧・農業省大臣によって導入されたオーガニック認証です。ドイツ政府の許可を受けている専門機関に認定された製品のみが、Bioマーク(正式名称はBio-siegel:ビオジーゲル)を貼付できます。「化学調味料、香料、着色料などが不使用、動物はBIOの肥料や餌で育ててあり、遺伝子組み換え原料の使用は全体の5%以下であること」等が判定基準のひとつになっています。
AB フランス 1985年から用いられている、フランス政府が制定したオーガニック認証です。ABはAgriculture Biologiqueの略になります。世界最大規模のオーガニック認証団体である「ECOCERT」による有機認証を受け、EU圏内で生産または加工された製品のみが、ABマークを貼付できます。「化学肥料や化学薬品、遺伝子組み換え作物による肥料を使用していない」等が判定基準のひとつになっています。一年毎に抜き打ちの検査も行なわれます。
EKO オランダ IFOAM(国際有機農業運動連盟)に登録されているオランダの認定機関・SKALによって認定されたオーガニック認証です。SKALの厳しい審査をクリアした製品のみ、EKOマークを貼付できます。「農薬や化学肥料、化学合成添加物、抗生物質、遺伝子組換え技術などを使わないで作られている。製品化までのどの工程でも、環境保全、人体に与える影響を考慮し、有害な添加剤などを使用していない」等が判定基準のひとつになっています。
USDA アメリカ 米国農務省(United States Department of Agriculture)が管轄するオーガニック認証です。米国農務省では認可を受けた認定機関が審査を行い、オーガニックと認定された製品のみが、「USDA Organicマーク」を貼付できます。「有機原料が、全成分の95%以上で、かつ残りの5%も国が認めた合成物質・天然物質でなければならない」等の細かい基準があり、世界でも厳しい認証として知られています。